【変態】中出しじゃないとイケない

【変態】どうしても乳首の先から垂れた母乳を飲みたかった

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

会社の先輩と仕事帰りに居酒屋で飲んでいると、突然の雷と豪雨。

急いで家に帰る為に、駅に向かうが落雷の影響で電車は運転見合わせ。

俺の家は、そこからかなり遠い為、先輩の家に泊めて貰う事になりタクシーで向かった。

先輩は既婚者で、一才に満たない小さい子供と、元々会社で俺と同期入社の、美人の嫁のSちゃん。

会社ではマドンナ的な存在で俺もずっと好きだったが、イケメンの先輩にあっという間に持って行かれた。

先輩の家に着くと、Sちゃんがお酒の用意をして待っていてくれた。

相変わらず可愛いSちゃん、先輩が正直羨ましい。

しかし、かなり疲れているのか目の下に隈が出来ていた。

話を聞くと、どうやら子供の夜泣きが激しいらしく、まとまった睡眠が殆どとれていないそうだ。

そして、先輩と酒を飲みながらSちゃんを交え、一緒に働いていた頃の話で盛り上がっていた。

すると隣室で子供が泣き出した。

Sちゃんが急いで子供の所に向かい10分程度で泣き止ませた。

しかしSちゃんは、こっち部屋には戻っては来なかった。

それから30分位飲んでいると今度は先輩が、いびきをかいて寝てしまった。

そして、何気なく隣室につながる扉を見ると僅かに開いていた。

俺は立ち上がり、その扉の隙間から隣室を覗いた。

するとそこには、子供におっぱいをあげながら、寝てしまった両方のおっぱい丸出しで仰向けに寝ているSちゃんが..。

俺は先輩が寝ている事を、もう一度確認するとポケットから携帯を取り出し、会社の元マドンナのおっぱいと寝顔を無音カメラで撮りまくった。

Sちゃんの寝顔は本当に可愛くおっぱいも綺麗だった。

俺の股間は、既に爆発寸前だった。

そして、Sちゃんの乳首をよく見ると、先端部分に白い水滴が。

どうやら母乳が溢れているようだ。

俺は、どうしてもSちゃんの母乳を舐めてみたくなった。

酔っていた事もあり、大胆な行動に出る事にした。

先輩が寝ている事を再度確認。

そして、音をたてないように慎重に扉を開けていった。

そして、Sちゃんの隣に座り前屈みになり、舌を伸ばし乳首に触れないように、先端の母乳だけを汲み取った。

しかし、そんな少量では殆ど味は感じなかった。

もう、母乳に対する俺の好奇心を自分で抑える事は出来なかった。

俺は覚悟を決めてSちゃんの乳首を口に含み、母乳を吸った。

牛乳のような味を予想していたが、少し甘味があるだけで美味しい物ではなかった。

相当疲れているのか、Sちゃんはそれでも起きなかった。

俺はSちゃんの唇に軽くキスをして、トイレに行ってオナニーをした。

余程、興奮していたのか何時もの半分の時間で、何時もの倍以上の精子が飛び出した。

【PR】沢井亮氏も認めたペニスサプリ

フュージョンEX