【不倫】先生に乳首を舐められただけなのに大声が

【不倫】彼女の実家で親が寝ているのに手マンしまくり

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

このあいだ、大学の時のバイト仲間で集まって飲み会があったのよ。
で、当時4年ほどつきあってた彼女(Sさん)も来てた。

大学卒業と時を同じくして別れたので会うのはかれこれ7年振り。
しっかし、顔も体型も全然変わってなかった。

Sさんの容姿は小柄な森高って感じ。
でもバスケをずっとやってるんで、かなり締まった体つきだ。

オレは29、Sさんはオレのいっこ上ね。

飲んでるときに、いろいろ話した。

どうやら、一回結婚してたらしいが去年別れたらしい。
結婚当初から、別居が続いてセクースも数えるほどしかしてなかったらしい。

時間がたつにつれ、だんだん人数が減っていき、3次会も終わる頃には♂3♀1(Sさん)の4人だけになっていた。

Sさんはそんなに酒は強くないほうなのに、ギムレットとかマティーニをバンバン飲んでる。

オレ「ねえ、なんかあったの?」
Sサン「ん?べつにー。今日はぜんぜん酔う気がしない!朝までやろうねー」

そう言いつつも、かなり目がトロ~ンとしている。

ほっぺもかなりの桜色。

これは間違いなく酔っている。
4年もつきあってたオレが思うのだから間違いない。

トイメンに座っていたヤロウ2人が容赦なく彼女に飲ませていたのも功を奏していた。

すると突然、彼女がテーブルの下でオレの内ももをさわさわしてきた。

あまりに突然のことだったのでカナリビクーリ。
しかしオレも男。

トイメンの男2人に気づかれないようにテーブルの下で彼女の内股をさわさわ仕返した。

そうこうしてるうちに、彼女はトイレへ。
残った男3人で、「そろそろお開きにすっかー」ということになって、とりあえず彼女が帰ってくるのを待って店を出ることにした。

しばらくして彼女が帰ってきた。

ほぼ同時にオレの携帯にメール着信。

「今晩、うち来ない?」

いったん解散した後、ダチ2人にばれないようにタクで彼女の家へ向かった。
程なくして彼女の家に到着。

彼女の家は実家だが、両親は2階で寝ている。

彼女が玄関から出てきた。

彼女「なに遠慮してんのよー」
オレ「いやー、懐かしいなーと思って」

彼女「とりあえず、あがりなよ」

誘われるがままに彼女の部屋へ。

彼女の部屋のドアが締まると同時に、彼女がオレに抱きついてきた。
そして、濃厚キス。(かなり酒臭い)

立ったまま3分くらいずーっとキスをしていた。
が、そこはオレの偉いところで、キスをしつつもじわじわベッドの方向へ移動していた。

彼女をベッドに押し倒し、服の上から胸を触る。

小振りで、張りのあるオッパイは昔と変わらなかった。
ブラウスを脱がせ、ブラのホックをはずす。
胸があらわになった。
小さくかわいい乳首が目にはいる。

乳首をチュッっすると、体がピクッと反応する。

Sさん「んあっ。。あ、ん、、」

だんだん声が漏れてきはじめた。

そして、スカートを脱がせ、ストッキングをズリ下げ、パンツの中へ手を入れる。
グショグショに濡れていた。

Sサン「ああ、、、あ、、」
オレ「めっちゃすごいよ?グチョグチョなってるよ?もしかして、かなり久しぶり?」

Sサン「もぅ、、そんなこと聞くもんじゃないの」
Sサン「ねえ、、、、一緒にお風呂はいろっか?」

彼女ん家、フロだけは広くて、浴槽もラブホ並みに広い。ヨユウで二人入れる広さだ。
向かい合って浴槽に入った。

彼女がオレのチンコを両手でさわってきた。

Sサン「なんか、ヌルヌルになってるよー」

オレも彼女にやり返す。

彼女も当然のことながらヌルヌルになっていた。
フロの中で手マン。。。

Sサン「ん、あ、、気持ちいい、、ダメ、イキそう、、」

Sサン「ダメダメダメ!ホントにイキそうだからストップ!」
Sサン「そのかわり、、」

オレを浴槽の縁に座らせて、濃厚フェラ。。

フロの中なんで、イヤラシイ音がめっちゃ響く。

(チュッ、クチュッ、、、クチュッ)

オレ「ヤベ!逝きそう!ダメダメ!ストップ!!」
彼女、オレのをほおばりながら、「出していいよ、、、」

そのまま、彼女の口の中へ、、、

Sサン「んっ、あむ、、、んぐ」
なんか、ぜんぶ飲んでくれたみたいだった。

若干、オレの脳裏を不安がよぎる。

(どうしよー、本番勃つかなー)

風呂から出て、そのままの姿で、ベッドにチョッコウ。

先ほどの心配をよそに、オレのチンコはスタンバイOK。

オレ「ねえ、ゴムとかないの?」
Sサン「あ、ダイジョウブ、あたし、器具入れてるから。でも外に出してね」

ちょっと、いやかなり気になったが、とりあえず彼女の中へ。。。

酔っていたのと、さっき一回出したので、どんなに激しく動いてもぜんぜん平気だった。

(スゲー、オレもやればできるんじゃん!)

とか、くだらない事を考えながら、彼女を突きまくる。

Sサン「ああっ、ああっ!ダメ、気持ちいい」
オレ「くっ、、逝きそう、逝ってもいい?」

Sサン「んっ、あっ!うん、ワタシもイキそう、いいよ」
Sサン「ああー!いきそう!イク!○○(オレの名前)!好き!」

彼女がとんでもないことを口にしたので、びっくりしながら逝ってしまった。
しかも、中田氏。。。

Sサン「気持ちよかった?」
オレ「うん、よかった。ちょっと昔のこと思い出した。」

などと適当に会話を交わし、

オレ「じゃー、そろそろ帰るわ」

彼女の家を後にした。

朝5時。
タクシーなんか走ってない。
冷えた静けさが心地よい、冬の明け方。

「しゃーない、歩いて帰るか」

1時間かけて歩いて帰りました。

【PR】沢井亮氏も認めたペニスサプリ

フュージョンEX