【不倫】暑い精液を味わった

【不倫】旦那の友達の亀頭は綺麗なピンク色

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

旦那の友達とやったことならある。

つか今日やってしまった。

旦那の友人Aは、仲間内でも

「あいつは絶対に安全パイだよな」

と言われる淡白な男。

(というより意志薄弱すぎて女に手を出せないっぽい)

で、以前から旦那も

「おまえ、Aとなら浮気してもいいよ。どーせアイツ手を出さないだろうけどwww」

とか言ってAが家に泊まりに来るたびに、私とAを隣同士に寝かせたりしてた。

そんなことしてるうちに、旦那が寝ている時に、挿入寸前の行為をするようになった。

昨日Aの家に、借りたゲームを返しに行った時、そういう系の話題になってしまい

「ねえ、Aはこういう雰囲気になっても手ぇ出したりしないの?」

「しないよ!不倫になっちゃうだろ!」

「でも旦那は私の事母親代わりとしか思ってないよ。それにAとなら浮気してもいいってさ」

「俺はお前とやるより、こうやって頭撫でてる方が好きだし・・・」

そんな会話をしてるうちに

(この人とやったらどんな感じだろう)

と好奇心が湧いてきてしまった。

「でも家に泊まりに来たとき、やらしいことしたよね?」

「・・・!だ、だって、「触ってみて」なんて言うから・・・」

Aは顔を真っ赤にして、床に敷いてあった布団にもぐり込んでしまった。

私は、ここまで言っちゃったら後には引けない気がして、とりあえず服を脱いで一緒に布団に入った。

「・・・脱いだの?!馬鹿、やめろよ」

心なしかAの声は震えている。

また何か言いかけたAの体に抱きつき、半ば強引にキスをした。

「私とするの、嫌?気持ち悪い?」

「いくら馬鹿って言われても、今は私、Aとしてみたいの。」

「嫌ではないけど・・・なあ、本当にしたいの?」

「うん。すごく」
そう答えながらAの着ていたYシャツのボタンを外していく。

心なしか、さっきより抵抗しないくなっていた。

服を脱がせた後はしばらく布団の中で抱き合っていた。

馬鹿、馬鹿と呟きながらAは私の頭を撫でていた。

「下半身に何か固いものが当たってるんだけど?」

「だって・・・その・・・R(私の事)とこうしてると気持ちいいんだよ・・・悲しいけど」

と言いながら、頭だけでなく胸や肩を撫でられる。

少しその気になってきたようだ。

「何がしたいの?」

「え、そりゃセックスでしょ」

「どういうことしたいの?」

「フツーにやらしいこと。Aのしたいことしていいよ?。」

「ダメ。自分からはしないから。Rが何して欲しいか言って」

(どこまでも消極的な人だなあ・・・)と思いつつ私はAに抱きついた。

「キスしたり胸舐めたり・・・してくれる?」

「いいよ」

柔らかい唇が触れ、舌が私の口の中に入ってきた。

しばらく舌を絡めている内に呼吸が荒くなってきた。

「胸、どっちを舐められたい?」

「え、どっちでも・・・やっぱ右」(私は右の方が感度がいい)

乳首を転がすように責められた。

「あ、んっ・・・あっ・・・」

「気持ちいい?」

「うん」

「良かった。他にしてほしいことある?」

「あそこ、舐められる?あ、いや、嫌だったら別に」

「いいよ」

「えっ?」

しなくていいから、と言いかけた矢先に、私の両足はAの両腕で固定されていた。

「え、嘘、ひっ、いや、あっあっあああ」

Aの舌が膣の中まで侵入してくる。

いままで男に舐められたことはあるけど、ここまでダイレクトに舐める男はいなかったので驚いた。

いつか見たAVみたいな声が私の口から出てくる。

「あん、あっ、あっ、気持ちいい」

一番敏感な場所を軽く噛まれると、私の足がビクッと痙攣するが、そのたびにAが両手で押さえつける。

「・・・R、あの・・・ここ、大洪水なんだけど」

「ごめん、実は服脱ぐ前から濡れてた」

「Rのどスケベ。馬鹿馬鹿馬鹿。楽しくなっちゃったじゃないかー(泣)」

Aはちょっと泣きそうな顔をしていた。

10分くらい、そのまま舐められ続けたかもしれない。

私の声が出なくなり、体中の力が抜けたのを確認してAが言った。

「もしかして、途中いってた?」

「・・・・・・・・・うん・・・てか、あそこ臭くなかった?平気だったの?」

「全然。」

「あ、そう・・・」

「R可愛いよ。他にしてほしいことある?」

なんだかAの方が乗り気になってきたんじゃないか?とも思った・・・

さっきまで散々躊躇っていたのに。

「何したいの?」

そう言われて、私Aの下半身を見た。

ちゃんと勃起している。
亀頭は綺麗なピンク色だった。

「ここ舐めていい?」

「それはダメ」

「なんで?いーじゃん、ここまでしちゃったんだし」

「元から、舐められてもあまり感じないんだよ・・・」

「そっか。でも舐めるからね。さっきのお返し」

亀頭をチロチロ舐めてから、竿の部分に唇を這わす。

しばらくそうしてから、喉の奥までペニスをくわえ込んだ。

「んっ・・・んっ・・・どんな感じ?」

「うん・・・変な感じ。何で妹みたいな子にこんなことされてんだろ」

本当にAはフェラはあまり感じないらしい。

顎が疲れてきたのもあって数分でフェラはやめた。

そのうち、ちょっと疲れたので何もせず抱き合っていた。

Aはしきりに私の頭を撫でている。悪い気分はしない。

というか、これも気持ちいい。

「もう、ここでやめとく?」

「え、何でー?やだ、最後までしたい」

「最後までって、何するの?」

「だから、セックス・・・」

「何をどうするの?」

Aが楽しそうに笑っている。

ああ、言わせたいんだな、と思った。

「入れてほしいの」

「何を?」

「だから・・・その、・・・あーもう恥ずかしいっての!・・・Aのを私に入れて」

「”お願いします”は?」

何かA、すごく楽しそうなんだけど。

もしかしてこれって言葉責めか?(さすがに私も恥ずかしくなってきた)

「Aのちん○んを私のま○こに入れて下さい・・・お、お願い、します」

「いいよ。」

そういってAは私に覆いかぶさった。

「いい?本当に入れていいの?セックスしたい?」

「うん・・・Aとしたい。」

正常位で、Aが私の中に入ってきた。

挿入して数十秒間は動かずに繋がっていた。

「とうとう入れちゃった。R平気?やめる?」

「・・・動いて。」

「どんな風に?」

「激しく、して」

「お願いします、は?」

「・・・おねがいします、激しくしてください」

そう言い終わった途端にAがピストンし始めた。

あそこがぬるぬるして、ペニスが出たり入ったりするのがよく分かる。

「あっ、あっ、あ・・・はっ・・・」

「気持ちいい?」

「うん、すごく」

「嬉しいよ。俺もすごく気持ちいい。Rすごい可愛いよ」

そんな事を言われながら2回くらいいった気がする。

「やだっ・・・また・・・いっちゃった。。あぅ・・・」

「俺ももう出そう」

「ピル飲んでるから中に出してもいいよ」

とは言ったものの、Aは殆ど私の言葉が聞こえてないかのように激しく動き続けた。

「あ、あっ。出る!」

勢いよくペニスが引き抜かれ、私のお腹に精液が降りかかる。

(いつも中出しだから分からなかったけど、出た瞬間の精液って熱いんですね)

セックスが終わったあとは二人とも放心状態だった。

「あーーー・・・どうしよう・・・しちゃったよ・・・人妻と、しかも友達の嫁と」

「でもAってば途中から結構ノリノリじゃなかった?」

「だ、だって、Rが・・・その・・・可愛かったからつい・・・あーもう馬鹿馬鹿!すけべー」

「まあ、O(旦那)には多分絶対ばれないよ。あの人『Aはヘタレだから浮気出来ないよ』って言ってたし」

「この事は墓場まで持ってくよ・・・もうこれっきりだからね」

とりあえず、セックスは今回限り、と一応約束して帰った。

家に帰ってから夫(全然疑ってない)に

「Aと浮気したらどうする?」

と聞いてみたら

「俺の事を一番好きでいてくれれば、浮気ぐらいは別に構わないよ。ただAは絶対ヘタレだから、万が一そんなことになっても・・・マグロ状態でRに乗っかられてそうだねwww」

と言われた。

いや、マグロじゃなかったから。

後半積極的だったから。

さすがにそれは言えませんでしたが。

黙っていると夫がさらにこんなことを。

「あ、そうそう、もしAとセックスしたらちゃんと俺に詳細を報告するんだよ?こっそりヤるのは駄目。ビデオ撮影してくるのもいいよ」

「そんなことしてどうすんの・・・?」

「いや、面白そうじゃん?俺のオナニーのネタにしてもいいし」

旦那がどこまで本気なのか分からないけど、今回の件は伏せておこうと思います。

おしまい。

【PR】媚薬動画サイト|淫モーション

媚薬動画サイト|淫モーション