【不倫】先生に乳首を舐められただけなのに大声が

【不倫】入社した時からエッチすると予感していたらしい

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

残業のあと、夜中に行きつけの店に食事に行ったら、ワイン飲んで泥酔した部下がいた。

28歳になるけど、小柄で可愛い顔をしてるから新人のようで、回りからはからかわれたりしていた部下。

彼氏は同い年の出入り業者の男。

で、食事を終えて、彼女のアパートまで送ることに。

ぐったりした彼女を助手席に運び、駐車場から部屋まではおぶって運び、鞄から鍵を出して部屋に入り、けっこう散らかった部屋を眺めつつ、ベッドに寝かせる。

はぁ、って帰ろうとしたら、彼女がジャケットの裾をつかんで引っ張る。

この時まで、まったくHなことは考えてなくて、ん?って感じで振り返ると、彼女が

「・・・さん、奥さん怖いんですよね。口固いですよね」

と。

「もうちょっとだけ、部屋にいませんか?わたし、酔うと記憶なくなるんです」

とりあえず、野暮は言わずにいただきましたが、どうやら彼氏は極端な草食らしく、長く付き合っているうちに、だんだん彼女が成熟してきて、我慢ならなくなってきたらしい。

優秀な部下が激しく乱れて、最後は

「最後は口に欲しいの。ダメ?」

とタメ口気味に聞いてきて、約束通り口に発射。

久しぶりだったんで、バカみたいに大量に出したら、ゴクッと飲んで

「もう!多いよ!」

と。

それ以来、20も年下の彼女にはまってしまい、楽しい日々を過ごし、妻にも優しくできるようになり、彼女が結婚するまで関係が続きました。

結婚する前には

「たぶん、またいつか会うような気がするけど、あのね、入社して初めて挨拶した時から、この人とHしちゃうなって思ってたんだよね」

と言われました。

【PR】沢井亮氏も認めたペニスサプリ

フュージョンEX