【人妻】アソコはあまり手入れしていなかった

【人妻】フェラチオが凄く上手なセックスレス妻

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

大学生の時の話です。

僕は近所のスーパーでアルバイトをしていました。
仕事に慣れてきたこともあって、新人の40代女性の指導係になったのです。

女性は結婚しており、最近までずっと専業主婦だったそうなのですが久々に働きたいと思ってこのスーパーで働くことにしたそうです。専業主婦だっただけに、仕事は正直できない人でした。

しかし、一生懸命働く彼女の姿に僕は応援したいという気持ちになりました。
彼女が働きだして3か月程した頃、新人歓迎会をしようという誘いがありましたが、スーパーで働く人たちは大体が主婦。
あまり参加できそうな人がおらず、結局、彼女と僕、そして社員さんの計5人で居酒屋に行くことになりました。

男ばかりの飲み会に来て楽しめるんだろうか・・・そんなことを考えていましたが、到着すると僕以外の人たちは皆すでにお酒を飲んで酔っ払っていました。

僕は呆れて彼女に視線を向けると、彼女の服装がとてもエッチで驚きました。
タートルネックから膨らむ巨乳、そして膝上丈のフレアスカート。主婦ってこんなにエロかったっけ?とお酒を飲む前から僕は興奮状態になりました。

そして彼女は僕の横に座り、ビールを注ぎ「社員さんとあまり交流がないから緊張してたんですが、先輩が来てくれてよかったです・・・」と何故か顔を赤らめて言う彼女に僕は確信しました。
この人、僕に抱かれたいんだと。

程なくして、社員の一人が酔いつぶれてしまい、解散することになりました。

帰る方向が一緒だった為、彼女は僕が送っていくことになり、できるだけ会話をしようと僕は、「旦那さん、遅くなって心配したりしないんですか?」と話しかけると、「大丈夫ですよ。今日は旦那出張なので、私のことなんて気にしてないですよ・・・」と。

すると彼女はふらつき、僕の腕に巨乳を押し付け「すいません。酔ってしまって・・・」と明らかに誘うような行動をとってきたので、一か八か僕は、「休憩していきます?」というと、頷く彼女。
僕は興奮が抑えきれず、そのままラブホに直行しました。

部屋に入るとすぐさま舌を絡めるキスを始めた僕。
それに対し「んぅっ・・・」と気持ちよさそうにする彼女。

しかし、後々面倒なことになるといけないので「こういうことするの大丈夫ですか?めんどくさいことになると困るんですけど」とはっきり伝えると「大丈夫です。私もしたかったので・・・内緒ですよ?」と彼女の意思を聞くと、箍が外れたように僕は彼女を責め始めました。

乱暴に巨乳を揉むと「やあっ・・・もっとして」と懇願され、タートルネックを捲るとそこには、推定Fカップはある張りのあるおっぱいが・・・。

僕は乳首をしゃぶりまくると腰をくねらせ反応する彼女。そのまま彼女の豊満なお尻を揉みながらおっぱいも堪能しました。

すると、彼女のパンツが濡れていることに気づき、彼女の陰部を舐め回しました。

すると、「やあっっ!!!イっちゃうっ」彼女は我慢できず潮吹き。
僕はそのとろとろな陰部に興奮を抑えきれず、すぐにゴムをつけ立ちバックで挿入。

すると彼女の喘ぎ声はどんどん甘く漏れていき、「こんな・・・こんなに突いてもらえたの久しぶりっ・・・きもちい・・・」と喜んでいました。

どんどんピストンを早めると彼女は限界に達したのか、また潮を吹いてしまいました。
こんなエロい女が奥さんで旦那は幸せだろうな・・・そんなことを考えながら、ベッドに彼女を押し倒すと、そのまま正常位で挿入。

僕も限界に差し掛かっていたので出していいか聞くと「やぁっ!口に・・・口に出してぇ!」と懇願され、僕はそのまま動きを早め、一気にゴムを引き抜き、彼女の口めがけて射精してしまいました。

すると彼女は起き上がり、丁寧に僕のモノを舐めると「おいしかった・・・」とそのまま寝てしまった。

朝起きると、彼女も起きていて「一緒にお風呂入りません?」と、僕達は湯船に入ることに。
すると彼女は僕をバスタブの上に腰かけさせ、なんとフェラチオをし始めたのだ。

そのフェラチオが凄く上手で「仕事はできないのに、舐めるのはうまいんだな」と責めると彼女は嬉しそうな様子。
どんどん速度を早めていき、あっけなく僕はイってしまいました。

冷静になったところで、彼女の事情を聞くと、旦那と長い間セックスレスが続いており、しかも旦那が浮気しているかもしれないとのこと。仕返しに相手を見つけようとバイトを始めたらしい。

まんまと罠にはまった僕でしたが、その後も息抜き程度のこの関係が続きました。
そんな大学時代の人妻との体験談でした。

【PR】媚薬動画サイト|淫モーション

媚薬動画サイト|淫モーション