【不倫】暑い精液を味わった

【不倫】あの日をオカズにしてオナニーしてます

【PR】日本で一番売れてるAV仕様の媚薬

媚薬・エロティカセブン

これは俺が過去に経験した最もエロい不倫の一部始終をずっと忘れないように書き留めておいたものです。

ほぼ同期入社の5こ下の娘との約5年ほど前の話。

当時俺32既婚、相手(以後A)27既婚。

お互い子持ち。

Aの顔は桐谷美玲を可愛くした感じ。

小柄で幼児体型、胸は微乳だが美乳。

二人とも同時期中途採用で配属部署も違ったので入社した頃はほとんど会話もなくすれ違い様に挨拶する程度だったが、半年ほど過ぎた頃Aが配置転換で俺の隣の部署に異動してきてから顔を合わす機会が増え、お互い仕事の愚痴とか言い合ったりするような関係になった。

可愛い娘なので俺の方がだんだん好意が強くなって行き、程なく

「今度ご飯でも行こうか」

となって二人きりで食事に行く事に。

仕事の愚痴も言い尽くした後は緊張からかなんとなくヨソヨソしい雰囲気になりあまり会話も盛り上がらずにその日は食事後解散。

何でもっと気の利いた話出来なかったんだろうと悔やむ日々がしばらく続いていた。

それから2カ月が過ぎた頃、今度は向こうから

「今度カラオケ行かない?」

とのお誘いが。

嬉しい反面正直カラオケが苦手だったので

「聴くだけになっちゃうけどいい?」

と聞くと

「一人で歌いまくるからいいよ」

ってなって後日仕事終わりに二人きりでカラオケへ行く事に。

行ってビックリしたのがその娘がプロ並みに歌が上手い事!

お世辞でも何でもなく

「ホントに上手だね!」

と言うと少し照れながら

「ホントに?嬉しい!テンション上がってきた!お酒飲んじゃおかな?」

なんて言ってきた。

「飲んでも良いけど帰りどうするの?」

「代行で帰るから大丈夫」

「ならいいけど」

※その娘の車は会社の駐車場に置いて俺の車で来た。田舎だから飲んだら代行が基本の地域。

俺は飲まなかったが、Aは予想に反して生ビールにカクテルなど飲むわ飲むわ、2時間ほど経っていい感じで酔っぱらい、なぜか俺へのボディタッチが増えてきた。

いつの間にか隣にきて腕をチョンチョン触ってきたり、歌いながら手を絡めて握ってきたり、俺の太ももに手を置いて

「何か歌って欲しいリクエストある?」

って顔を近づけてきたり。

何これ?この娘俺に気があるの?なんて勘違いするほどのボディタッチで、俺も妄想が止まらなくなり、無意識にAの胸に手を伸ばし柔らかく小ぶりなおっぱいに触れた途端一瞬目が合って

「俺さん、こんな事するんだー。意外(笑)監視カメラあったらイヤだからやめよ!」

と手を払われてしまった。

確かによく聞く話だと納得しちょっと我に返ったものの、心臓バクバク俺のチンコははちきれんばかり。

何となくボディタッチもしづらい雰囲気になりAもカラオケを歌わなくなって話は下ネタへ。

「ねぇ、奥さんとやってる?」

酔ってるからかいきなりストレートな質問をしてくるA。

ドギマギしながらも冷静を装い

「最近全然してないよ。ここ半年くらいしてないかな。Aは?」

「それレスもいいとこじゃん(笑)私はやってるよ!週1ペースくらいで(笑)」

「すごいね!H好きなの?」

「うん!」

と屈託なく笑う。

ついさっき触れたAの小ぶりで柔らかい胸の感触が俺の股間をざわつかせる。

理性が抑えきれなくなり

「じゃ俺とホテル行ってみる?」

とマジ顔で一か八か聞いてみると、

「は?」

と思った通り軽蔑の眼差し(涙)

でも何気にまんざらでもない様子で時計を見て少し考えて

「帰り遅くならなければ良いよ!」

と、まさかの想定外の展開に軽くパニックになりながらも善は急げとばかりカラオケを速攻切り上げて、Aの気が変わらぬ内にとなるべく近くのラブホへ直行!

ホテルに着いて車を降りる時、少しAの顔が曇った気がしたが、俺は御構い無しにAの手を取りそそくさとホテルの中へ。

Aは観念したのか、

「どの部屋にする?」

と部屋選びを楽しんでいる様子。ホッとした。

部屋に入るやいなや、Aは突然

「なんか眠くなってきた~」

とベッドに転げ込んで服のまま横になってしまった。

一瞬

「え?」

と思ったが、ここで焦って押し倒して拒否られたら水の泡と思い、慌てずとりあえずソファーに座り一服。

「大丈夫?」

と声をかけても返事がない。

まだ時間はある。とりあえずトイレに行きパンツを下ろすと、カウパーまみれのチンコがすでに臨戦態勢に。

ウェットティッシュでチンカスなどを綺麗に拭き取っていざ部屋に戻るとベッドの上ですでに仰向けでスースー寝息をたてているA。

恐る恐る添い寝し、顔を近づける。酒くさい。これは本当に寝てしまったのか、ドキドキしながらそっとキスをしてみた。

無反応。

そのまま舌を入れてみた。

無反応。

「マジ寝ちゃったの?」

一瞬ガッカリしたが、よくよく考えたらコレって最高のシチュエーションじゃね?と思い直し逆に興奮が止まらなくなり、なるべく起こさないように少し照明落として部屋を薄暗くした。

ちなみにAの服は一般的な事務服で、夏場だったのでシャツとスカートに黒いパンストのみの状態。

憧れのAが目の前で酔って寝ている。ドギマギしながらシャツ越しにそっと胸を触ってみる。柔らかい。少し強めに揉んでみるがこれも無反応。

顔を覗きながらシャツのボタンを一つ一つゆっくりと外していくと案の定ブラトップ。胸元をめくり薄茶色の乳首を指でつまんでみると少し硬くなっている。感じているのか?

乳首を舐めようと胸に顔を近づけたとたんいきなり寝返り。

起きた?ドキドキしながらAの顔を覗くとまだ寝息を立てている。

焦った。

しかし寝返りのおかげでシャツを脱がせやすい態勢(横向き左下)になり、右腕を抜いてブラトップをそっと胸元までめくり上げた。

横向きのAの生乳を後ろからそっと触ると思いのほか形が良い事が分かった。

ちょうど手のひらサイズのマシュマロおっぱい。

もう我慢の限界。

俺はシャツとズボンを脱ぎ捨てパンツ一丁になった。チンコはもう思春期並みにギンギンになっていた。

今度はAの下半身の方に。

スカートのホックを外し、少しづつ脱がしていく。

Aは尻も小さいのでスカートは意外と脱がせやすかった。

黒いパンスト姿になったAのお尻に顔を近づけ、匂う。

香水の匂いの中に若干メス臭が。

クンカクンカ夢中で匂った。

するとまた急に寝返りしたので仰向けになるのと同時にここぞとばかりパンストを一気に脱がせた。

足をよじりながら

「う~ん」

と一瞬唸ったAだったが、まだ寝ている様子。

焦るな俺!

少し間を置き、露わになったAのスベスベの生足を撫でながらM字の状態に膝を立てて布団で固定すると、グレーの綿パンティ1枚越しのAのマンコが目の前に。

思いのほか濃いめの陰毛がパンティから若干はみ出ていた。

少し緩めのパンティでよく見るとクロッチ部にシミが。

触ると少し湿っている感じがしたので、思い切って隙間から指を入れてマンコを直に触ってみるともうヌルヌル状態!

右手親指の腹でAのマンコを優しく撫で回した。

その時Aの「んっ」と漏れた声を聞き逃さなかった俺はAの股間に顔を近づけて、まずパンティを表から匂った。

濃いチーズ臭におしっこ臭が混ざった感じ。

頭がおかしくなりそうな程たまらない匂い!夢中で匂うともう勃起MAXに!

そのままパンティをめくって今度はクロッチ内側を匂った。

もうそのまま昇天しそうだった!

おりものと愛液が混ざり合ったメスの匂い!

しょっぱい濡れたパンティの内側の汚れを搾り取るように吸いまくった。

そしてついに夢にまで見たAのマンコを薄明かりの中じっくりと凝視すると、暗がりでもハッキリ分かるほど濡れて光っていた。

黒ずんだ少し大きめのビラビラの周りをこれまた少し濃いめの陰毛が覆っていた。

ビラビラを開くと中は赤黒くこれまた光っていて妖艶なエロさがそこにあった。

そのマンコに軽くキスをし下から上へネットリと舌を這わせた。

陰毛を舌で押し除けながらクリの皮を剥き刺激した。

いつの間にか「あっ、んっ」などと感じはじめていたAは両手で俺の頭を押さえ、もっと舐めて欲しいと言わんばかりに顔を股間に押しつけてきた。

鼻が膣口にズッポリはまる。

鼻先でAのマンコをこねくり回す。

クリを吸いながら今度は中指を膣口にゆっくりと挿れていきGスポットを刺激するとだんだんAの息遣いが激しくなり、自分から腰を振り出した。

指を2本にして激しく内部を刺激すると、膣口がキューっと締まり、小刻みに震え出したAは早々にイッた様だった。

潮噴くまではしなかったが、本気汁まみれになったAのマンコから指を抜くと指の根元まで本気汁が絡み付いていて、それとAのマンコを丁寧に舐め上げた。

すると愛液まみれの俺の顔をそのまま自分の顔に引き寄せディープキス。

もう本能のまま裸になって、お互い欲望の赴くまま貪りあった。

今度はAが俺を仰向けにし、おもむろに俺の息子を頬張った!ネットリとした舌使いに速攻でイッてしまいそうな気持ちよさで、必死に我慢した。

そのままAの尻を俺の顔の上に持ってきて69へ。

夢に見た光景だった。

俺のチンコをAが舐めAのマンコが目の前に。

いきそうなのを必死で我慢しながら夢中で舐め回した。

「そろそろ挿れていい?」

「うん。私ゴム嫌いだから生でしよ!」

「ホントに?気持ち良すぎて中で出ちゃうかもよ?」

「いいよ!今日は大丈夫な日だから」

マジかよ。

その言葉を信じ、俺は騎乗位のままいきりたったチンコをAのヌルヌルのマンコにゆっくり挿し込んだ。

中は小さくもなく大きくもなく、俺の生涯で一番熱り立ったチンコにジャストフィットだった!

出し入れの度にビラビラが絡みつく。

ぬちょぬちょとイヤらしい音が興奮を掻き立てる。

小ぶりな柔らかいおっぱいが薄明かりの中で小刻みに揺れる。

ヤバい!イク!と言うが早いか、騎乗位のままAの中で俺は果ててしまった。

イク時にAが腰を押し付けてきたので子宮に当たっていたのがハッキリ分かったしその状態で子宮口に俺の液がぶちまけられたのが気持ち良すぎた反面一瞬不安にもなった。

Aは俺の上に倒れ込み、しばらく抜かずにそのままいた。

挿れてものの5分でいってしまい、

「ゴメン。気持ち良すぎて。」

と言うと、

「早かったね(笑)でも私も気持ち良かったよ!」

と。

「いつから気付いてた?」

と聞くと

「最初から!ずっと寝たふりしてた(笑)パンスト脱がせるの強引過ぎだから!」

って笑うA。

チンコを抜くと、溢れんばかりの俺の液がAの本気汁と混ざり合った状態でニュルンと俺の腹の上に出てきた。

「半年分にしては少なくない?(笑)」

とA。

「セックスしてないかわりに、Aをネタに週1で抜いてたから」

「何それ!変態!」

夢の様な時間が終わり急いで帰り支度。

匂いでお互いの配偶者にバレると大変ということでシャワーは浴びず、着替えて部屋を出る際に抱き合ってディープキス。

「また来よう!」

と言うと

「そのうちね!(笑)」

と。

嬉しさのあまり全身の力が抜けていく感じがした。

その帰りの車中での話

実は入社当初からAは俺の事が気になっていて、最初の食事の時もホテルに行く覚悟までしていたと、今日は最初からそのつもりでカラオケ誘ったとAに告白されて、なんとも言えない変な気持ちになった。

もちろんメチャクチャ嬉しいんだけど、ちょっと地雷踏んでしまったように思えて急に怖さも襲ってきた。

俺としてはそのAの想いを聞くまではお互い家庭持ちだし良い関係のセフレでいたいと勝手に考えていたが、少し距離置いた方が良いかなと唐突に思ってしまった。

ま、その時はそんな思いは顔に出さず笑顔で別れた。

その後社内では何事もなかったかのようにお互い振舞っていた。

何度かAから食事の誘いがあったが向こうの想いを知ってしまってから今一歩踏み出せずなんだかんだ理由をつけて二人で出かけるのを避けた。

そんなこんなであの日から約1年後Aがまた配置換えで離れたところに異動してしまってからは、ほとんど会うこともなく連絡も取らなくなってしまった。

LINEもいつの間にか切られてしまったようで少し悲しかったが、ま、結果的にはこれで良かったのかなと自分に言い聞かせ、あの日を思い出しオナニーに勤しむ今日この頃。

駄文長文失礼しました。

【PR】媚薬動画サイト|淫モーション

媚薬動画サイト|淫モーション